So-net無料ブログ作成

H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター(産経新聞)

 数キロ先まで届く轟音(ごうおん)を響かせ、日本初の金星探査機「あかつき」などを載せた国産大型ロケット「H2A」17号機が21日早朝、鹿児島県の種子島宇宙センターから宇宙へ飛び立った。

 全長約53メートルの機体は白煙を噴き上げ、一直線に大空を急上昇。見守った多くの関係者や市民らは大歓声で打ち上げの成功を祝い、打ち上げを担当した三菱重工業の幹部は「ほぼパーフェクトだった」と満足げな表情を見せた。

 あかつき計画をまとめる中村正人・JAXA教授は「あかつきは既に金星をとらえている。12月7日ごろには到着するだろう」と安堵の笑み。今後2、3日かけて探査機が正常であることを確認するという。

 あかつきとの相乗りで17号機に搭載された小型衛星は計5基。いずれも地球周回軌道や金星へ向かう軌道に投入されたとみられる。

 世界初の宇宙ヨット「イカロス」の森治・JAXAチームリーダーは「これからが本番。何としても成功させ、次の木星探査へつなげたい」と気を引き締めた。

 このほか、公募で搭載された小型衛星の関係者らも打ち上げを見届けた。同センター内の記者室で飛行経過を伝えるモニター画面を見つめ、自分たちの衛星の分離が確認されると互いに握手をするなどして祝った。

 大気水蒸気観測衛星「ハヤト」を開発した鹿児島大学大学院修士2年の手嶋伸一さんは「自分たちが作った衛星が宇宙にあるなんて信じられない」と話した。

【関連記事】
あかつきの分離画像を公開
あかつき相乗り衛星「ハヤト」分離に歓声 鹿児島大
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期
中国が優等生路線に?

<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
職質のコツを伝授、若手育成の現場=同行ルポ(読売新聞)
子ども手当、自治体の95%が「6月支給」(読売新聞)
more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)

走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)

 「静か過ぎて気付かず危険」と指摘されるハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)。国土交通省は10日、接近を知らせる走行音を出す装置を付けた試作車の体験会を、東京都内の自動車学校で開き、視覚障害者らに聞いてもらった。
 同省は1月、HV、EVと燃料電池車の「車両接近通報装置」のガイドラインを公表。時速20キロまでの低速時と後退時、エンジンやモーターに似た音が自動的に出るようにすると定め、任意装着を促している。
 これを受け、各社は接近音を開発。「175ヘルツと235ヘルツの和音に認知性を高めるためうなりを加えた」(トヨタ自動車)、「小さいが聞こえやすい高周波と距離感を感じやすい低周波の音を組み合わせた」(三菱自動車)という。
 体験会では、通報装置を付けたトヨタのHVプリウス、三菱のEVアイ・ミーブ、日産自動車のEV試作車がいったん停止した後に発進したり、ガソリン車の後を追走したりした。
 参加した日本盲人会連合会長の笹川吉彦さん(76)は「3社とも分かりやすい音だった。ただ、ほかの車の騒音と一緒になると聞き取りにくいと思う。すでに走っているHVやEVにどう対応するのか気掛かりだ」と指摘。盲導犬を連れた愛沢法子さん(54)は「電車や工事の音がしても、車がいることが何となく分かった。聴力が弱い高齢者らは聞こえないかもしれない」と話した。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ自動車「プリウス プラグインハイブリッド」
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
富士機工、11年3月期は減収増益=下期以降の見通し不透明
4月新車販売、24%増=前年の反動や政府支援策で

分別進み排出量減 思わぬ影響 環境意識高まり、ごみ発電減少(産経新聞)
パロマ元社長が有罪 CO中毒死 元品質管理部長も 東京地裁判決(産経新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
<高齢者住宅詐欺>容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<首つり死亡>独房で男性受刑者 名古屋刑務所(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。